トップページ > 治療した歯をきれいに

治療した歯をきれいに

クラウン(被せ物)

治療した歯をきれいにイメージ

一般的に「差し歯」や「被せ物」と呼ばれる、虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工歯のことです。 神経を残したままかぶせる治療法と、神経を取り除き薬を詰めて土台をかぶせる方法があります。


◎クラウンの主な種類

・ハイグレード・オールセラミック
金属を使わず、セラミックスのみでできています。より自然な色合いと形を再現しています。
・スタンダード・メタルボンド
金属の上にセラミックスを焼き付けたもので、強度があり変色もありません。
・エコノミー・ハイブリッドセラミック
セラミックスの硬さと樹脂の粘りの性質を合わせ持った素材を使用し、白く美しい歯を長く保つことができます。

いずれも自費治療となりますが、これらの施術を行うことで、より美しく、より自然な歯へと近づくことができます。

インレー(かぶせ物)

インレー(かぶせ物)イメージ

「インレー」とは、小さい虫歯ができたときに虫歯の部分のみを削り取り、削りとった形に沿って詰める素材のことをいいます。近年では、見た目が美しい素材を使用し、自然な歯へと近づけるようになりました。


◎インレーの種類

・インレー・ハイグレードオールセラミック
セラミックのみでできたインレー。自然な色合いと形を再現し、長期使用しても変色することがありません。
・インレー ハイグレード・ハイブリッドセラミック
セラミックの硬さと樹脂の粘りを持った素材を使っています。プラスチック製よりも白く美しい歯を持続することができます。

◎保険のインレー(銀歯)

いわゆる「銀歯」です。保険適用の金属で作り噛める機能は変わらないものの、歯ぐきが黒ずむことがあります。

◎ラミネートベニア

変色した歯、歯と歯の間にある隙間、一部欠けてしまった歯などに、セラミックスの薄片を貼り合わせる治療を行います。

・ラミネート・ハイグレードオールセラミック
セラミックスの薄片を歯の表面貼り付けるという方法で、「歯が変色している」「歯が欠けている」といった悩みを解消する可能性があります。使い続けていても変色することがないので、いつまでも健康的で白い歯を保ちます。

素材

クラウン・インレーで主に使用される素材に「ゴールド」と「セラミックス」があります。

ゴールド

サビることなく変色もすることもありません。加工もしやすいので、歯科にとっては非常にメリットのある素材といえます。

◎ゴールドのメリット

・体に優しい
腐食しにくく、金属の中で最も化学変化が起こりにくいといわれています。金属アレルギーも起こりにくいので、安心して使用することができます。
・歯の寿命を長くする
金の含まれる割合を治療に応じて調整します。隣の歯などに負担をかけません。
・ぴったりと収まる
ゴールドは細かい加工が可能なので、ぴったりと収めることができます。

セラミックス

耐久性に優れ、限りなく天然歯に近い色調で再現することができるだけでなく、変色せず、美しさを保つので審美性に優れています。

◎セラミックスのメリット

・体に優しい
金属を使用しないので、アレルギーの心配がありません。
・色の豊富さ
セラミックスは色が豊富ですので、その人の歯の色に合わせて調整することができます。
・丈夫で長持ち
強度に優れているので、すり減ることなく長期間ご使用いただけます。
・変色しにくい
白かった歯が、いつの間にか黄色くなっていたということがありません。
・歯ぐきもきれいに
金属を使用すると、歯ぐきと接している部分が黒ずんでしまうことがありますが、セラミックスは化学反応による腐食がないので、歯ぐきが変色することはありません。

  • ご相談・お問い合わせはこちら
医院情報・アクセスはこちら

〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-19-12
スカイビル17F
※ B1駐車場あり。治療中の駐車料金負担致します。

アクセスページへ